Webサイト制作(ホームページ制作)、リニューアル、保守など、お気軽にご相談ください。

株式会社ウェブスマート
お問い合わせはお電話でも受付!03-5817-0221
Websmart

トップ > Webサービス > オリジナルCMS作成

Webサービス
Web Service

オリジナルCMS作成

CMSとは何ですか?

Webサイトの構築・運用において用いられる機能(プログラム)の一つ。

CMSとはContent Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略。
Webサイトを制作し、運用するにはHTMLファイルや、これらのファイルを保存するディレクトリ構造などについての知識が必要でした。
CMSを導入すれば、サイト制作者はHTMLなどの知識を習得する必要はなく、テキストや画像等の原稿(=コンテンツ)を用意すれば、管理画面にて登録・編集作業を簡易に行うことが出来、その内容がWebサイトへ自動的に反映されるように工夫されています。
特に近年では、ブログツールとしてCMSが汎用的に利用されたことから、企業のホームページなどにも導入されるケースが多く見受けられます。
その理由として、Webサイトの運用面における課題として、いかに情報の更新を行うかが挙げられています。
例えば、新着情報の更新、採用情報の更新、製品情報の更新などです。これらの更新作業をスピーディにそして簡易に行うための手段としてCMSが活用されているのです。

CMSにはどんな種類がありますか?

一口にCMSと言っても、Webサイトの運用目的、ターゲット、掲載情報の種類により、導入するCMSのタイプは大きく異なります。汎用的なタイプから特定の目的に特化したものまで、様々なタイプ・規模のものが存在します。

例を挙げると企業・自治体向けのような大規模なCMSでは、ページごとで公開期間を制限・管理または承認するような機能が備わっていたり、デザインの統一など品質の管理を目的とした機能が実装されているケースもあります。
また、個人向けのCMSとしては、ページの自動生成や公開日指定、RSS配信、トラックバックなどの各種ブログツールとしての機能が用意されていたりします。

CMSを導入した場合のメリット、デメリットを教えてください。

CMS導入のメリット・デメリットはお客様の状況やWebサイトによりさまざまですが、まとめると以下のようになります。

CMS導入のメリット
HTMLなどの専門知識を必要とせず、Webサイトの編集を行うことが出来る
更新頻度が高い場合、中・長期のスパンで見た場合のコストが割安
インターネットに接続できる環境があればいつでも編集が可能
リアルタイムでスピーディな編集作業が出来る
システムの拡張性が高い
CMS導入のデメリット
導入にイニシャルコストがかかる。(ランニングコストを抑えることが可能)
使用できるサーバーがある程度限定される(場合によりサーバーを移行する可能性があります)

CMSがない場合と導入した場合の比較

上記のように、制作会社へ依頼する場合は社内の要望をとりまとめ、制作会社との金額調整・スケジュール調整をしたりと、時間がかかる要素がたくさんあります。
頻繁に更新するページが多い場合、このような業務フローでは効率も悪く、スピーディな更新ができないため機会損失につながる可能性も大いにあり得ます。
担当者がCMSで更新できればこのような問題も解決するのです。

ウェブスマートではどのようなCMSを利用することができますか?

CMS導入のご提案から、お客様のご要望に合わせたWebサイトの構築をお手伝いします。

お問い合わせはお電話でも 03-5817-0221

このページの先頭へ

facebook